せいのかみ・・

f:id:annhobby:20190114210247j:plain

昨日、歳の神の準備をしたが、この歳の神・・

点火すると、その火勢に怖いような・・

ちょっとビビります・・。

ところで、自分が子供のころは「せいのかみ」と

言ってたなぁ~。

調べてみると、地域によっていろいろな言い方が

あるようだ。

地元の観光協会には、「ふる里の正月も風物詩・・

どんど焼き(せいの神)」・・との記述。

それとは別に「賽の神」と言うのもある・・

それぞれ地域によって異なるとの認識ですが、呼び

方はいろいろあれど、趣旨は無病息災や五穀豊穣を

祈念するとか、焚き上げる火に当たれば、この1年

間は風邪を引かない・・などの言い伝えがあるのは

同じですね。

もっとも「性の神」なんて言うのもネットで調べると

出てきますが、こちらは下半身の関係するようで、日

本神話の中にも出てくる、なかなか意味深の神様か。

この時期の「せいのかみ」とはちょっと趣旨が違う

のは間違いないですが、昔はおおらかだったようだ。

米粉の団子を、焚き上げた炎で焼いたのを食べると

やはり風邪を引かないとか・・なので・・

3個も食べてしまったが、効果のほどは?